服装

安産祈願:夏(6月~8月)の服装

投稿日:

赤ちゃんがお腹にいると、より夏の暑さを感じやすくなるものです。そんな中で安産祈願に行くのは、想像以上に体力を使ってしまいます。

今回は、夏の安産祈願における服選びの注意点やポイントなどを、わかりやすく解説します。記事の後半では、わかりやすいように実際のマタニティウェアを例として紹介しています。

安産祈願に訪れて逆に体調を崩すようなことがないように、ぜひ夏のマタニティウェア選びの参考にしてみてくださいね。

夏に安産祈願へ行くときの服装の選び方

夏の安産祈願における一番の問題は『暑さ』です。比較的樹木が多い寺社は涼しいところもあるのですが、やはり最近の猛暑は妊婦さんにとっては負担になるかと思います。

まずは、涼しく、汗で蒸れない生地の洋服を選ぶことが大切です。妊婦さんは肌荒れのリスクも高まっているので、汗で蒸れてしまうとそこから汗疹などの肌トラブルを招いてしまうことがあります。夏の服選びの際は、生地にしっかりと注目してみてください。

次に、袖の長さにも注意が必要です。暑いときこそノースリーブをと思われるかもしれませんが、安産祈願は神様に祈祷するという儀式でもあります。そのため、あまりにも肌の露出が多い服は歓迎されません。また、寺社によっては待合室でクーラーなどが効いていることもあり、身体を冷やしてしまうことがあるので、その面からもノースリーブや短すぎる袖丈の洋服はおすすめできないんです。

半袖~5分袖程度のトップス、スカートやパンツも短くなりすぎないように気を付けましょう。

また移動中に公共交通機関などを使われるときや、安産祈祷後にお食事会がある場合、クーラー対策に薄手の上着を一枚持っておくとより安心です。妊婦さんはクーラー等の寒さでもお腹が張ることがあるので、できたら保険代わりに、安産祈願に限らず羽織るものを一枚持ち歩くようにされると良いかもしれませんね。

おすすめの服装【夏】

ここからは夏にオススメの服を紹介していきます。今回実例として情報をお借りしたのは『Sweet mommy(スウィートマミー)』さんです。

こちらはマタニティウェア&授乳服の専門店ということもあり、妊婦さんの立場に立った、気遣いあふれる洋服がたくさん揃っています。またマタニティから出産後まで長く使える服も多いので、妊娠・出産中のママに、とてもオススメのサイトなんです。

よかったら、この機会にこちらのサイトも覗いてみてくださいね。

授乳服マタニティウェア 着丈が選べる!お肌にやさしい竹繊維 フリルスリーブ シンプル プルオーバー

竹素材で作られているトップスです。夏の素肌に着けても大丈夫なように、低刺激な素材で作られています。袖の部分もふわりと広がっていて、空気を通してくれるので、夏場でも涼しく過ごせますよ。

もちろん可愛いデザインも魅力のひとつです。特に、身体を締め付けないドルマンスリーブは愛らしさと上品さを同時に与えてくれます。華やかさもあるので、安産祈願のようなおめでたい場にもピッタリです。袖丈や身ごろの丈も短すぎず、年配の方とのお出かけにも安心して使えますよ!

授乳服マタニティウェア レーシースリーブ 裏毛スウェットプルオーバー

五分袖ですが、袖部分はレースになっているので、体感的に涼しく、また見た目にも夏らしい印象の一枚です。このレース袖、オシャレで機能的なだけでなく二の腕カバーの効果もあるのが嬉しいんです。

素材は柔らかく上質な、薄手のスウェット生地が使われており、夏でも爽やかに着こなすことができます。スウェット生地と聞くとカジュアルな印象をお持ちになるかもしれませんが、袖部分のレースと組み合わせたことにより、しっかりキレイめに着こなせるようになっています。普段のお出かけにも便利な、活躍の幅の広いトップスです。

マタニティ ガウチョパンツ

七分丈のマタニティ用ガウチョパンツは、使い勝手抜群です。

生地には上品なツイルジョーゼット素材が使われているので、安産祈願という場にもしっくり馴染みます。またツイルジョーゼット素材が使われていることにより、すとんと落ちるような美しい落ち感を楽しむことができるんです。

気になる下着透けにも、総裏地でしっかり対応してくれています。ちなみに裏地はストレッチの利いた、ナチュラルなコットン素材なので、動きやすく肌にも優しいんですよ。

気になるおなか部分はギャザーの入ったリブが使用されていて、妊娠中はしっかりとお腹をカバー、産後はリブを折り曲げて使うという風に長く愛用できます。体型カバー効果も高いので、ぜひ一枚持っておきたいガウチョです。

まとめ

夏の服装選び、参考になりましたでしょうか?

夏の安産祈願の場合、服装選びも大切ですが、何よりこまめに水分を取って、脱水症状や熱中症などを起こさないように気を付けることが大切です。暑くてもしっかり対処していれば、楽しい安産祈願を迎えられます。

ぜひ、安心して着用できる素敵な洋服を見つけてみてくださいね。

RECOMMEND

1

赤ちゃんがお腹にいると、より夏の暑さを感じやすくなるものです。そんな中で安産祈願に行くのは、想像以上に体力を使ってしまいます。 今回は、夏の安産祈願における服選びの注意点やポイントなどを、わかりやすく ...

2

安産祈願に行くとなると、女性にとって悩ましいのが服装の問題ですよね。 そんな中で、簡単に全身コーディネートできて、お腹を締め付けず、なおかつカワイイワンピースの存在は、妊婦さんお強い味方になってくれま ...

-服装

Copyright© 戌の日に安産祈願!全国の神社情報館 , 2019 All Rights Reserved.