体験談

岡﨑神社への安産祈願体験談!うさぎ神社で有名「うさぎのお守り」が愛らしい

投稿日:

岡﨑神社の安産祈願概要

 

岡﨑神社の安産祈願体験談

今回第二子妊娠という事で、安産祈願に京都の岡崎神社に参拝しご祈祷していただきました。

安産祈願は出来るだけ大安がいいなと夫婦2人で話していたのですが、なかなかスケジュールが合わず、5ヶ月を過ぎた6ヶ月目の大安戌の日にようやく参拝することができました。

その日は平日だったのですが主人が仕事を休んで一緒に参拝してくれました。しかし平日とはいえ、大安を狙って参拝させてもらった為、他の参拝客も多かったです。安産祈願だけでなく、時期的に七五三参拝も被っていたのか、可愛らしい晴れ着を着た子供も何人か一緒に参加していました。ちなみに百日のお祝いで参拝している様子の赤ちゃんもいて可愛らしいかったです。

その日は晴れていたのですが、気温は低く、特に建物の中は暗く寒かったので、コートにプラスしてレッグウォーマーやマフラーなどで首の付く部分を冷やさないよう防寒して行きました。

ご祈祷時間自体は20分から30分程度だったように感じます。そんなに長くは感じませんでした。初穂料(7000円包みました)と、長女の時にもご祈祷してもらい、妊娠中使用していた腹帯を風呂敷に包み、持参して、ご祈祷していただきました。

岡崎神社は、ご祭神二柱が三女五男八柱神ものたくさんの御子神をもうけられ子宝に恵まれたことと、往時境内を始め地域一帯が野うさぎの生息地で、多産なうさぎは古くから氏神様の神使いと伝えられるということで、安産、子宝の「うさぎ神社」として有名みたいです。

岡崎神社はもともと、私の地元の神社というわけではないのですが、私は干支が卯年ということと、ウサギがもともと好きだったという理由で、長女の時から安産祈願に参拝させていただいていた神社です。平安神宮の近くにあって、私たち夫婦はタクシーで参拝しました。

岡崎神社の境内には子授けうさぎという、黒御影石でできた子授けうさぎ像があって、水をかけお腹を擦り祈願すると、子宝に恵まれて安産になるといわれているそうで、今回も黒いうさぎさんをスリスリさせてもらいました。そして、授与品の絵馬に安産祈願と記載して子授けうさぎ像の後ろに結ばせてもらいました。

また、うさぎのお守りがとっても愛らしく(お腹の中におみくじが入っています)今でも家の玄関に飾ってあります。

岡崎神社はなんとなく、こじんまりとした雰囲気がしていて、うさぎも可愛らしく好きな神社だったので、同じく妊娠中や妊活中の友人にもオススメしている神社です。

岡﨑神社の安産祈願情報

RECOMMEND

1

赤ちゃんがお腹にいると、より夏の暑さを感じやすくなるものです。そんな中で安産祈願に行くのは、想像以上に体力を使ってしまいます。 今回は、夏の安産祈願における服選びの注意点やポイントなどを、わかりやすく ...

2

安産祈願に行くとなると、女性にとって悩ましいのが服装の問題ですよね。 そんな中で、簡単に全身コーディネートできて、お腹を締め付けず、なおかつカワイイワンピースの存在は、妊婦さんお強い味方になってくれま ...

-体験談

Copyright© 戌の日に安産祈願!全国の神社情報館 , 2019 All Rights Reserved.