体験談

盛岡八幡宮への安産祈願体験談!巫女と仮面をつけた男の舞に上の子が怖がった思い出

投稿日:

盛岡八幡宮の安産祈願概要

 

盛岡八幡宮の安産祈願体験談

上の娘の時にも盛岡八幡宮で安産祈願をしてもらったので、二回目の祈願でした。盛岡八幡宮の安産祈願は事前予約は必要ないということでしたが、一応当日の持ち物や初穂料がいくらかは事前に電話で問い合せました。

まず社務所での受付ですが、初穂料をおさめ、祈祷する人の名前住所等記入すると祈祷用の服を渡されます。また腹帯をもらえるのですが、さらしタイプとガードルタイプどちらがいいかの確認もあります。

自分の腹帯をすでに持っている場合はその腹帯も一緒に祈祷してくれます。受付の後は待合室で呼ばれるのを待ちます。待合室には自動販売機もあり、家族の人数分その自動販売機で使えるコインをもらえます。

こどもが読める絵本なども少し置いてあります。盛岡八幡宮は大きい神社なので祈祷に訪れる人も多いため、人数で祈祷を一度の祈祷を区切っています。ひとつ前の祈祷の人達が終わったら順番に次の祈祷の人達が呼ばれ祈祷室に移る形です。

私の時も安産祈願らしき人が3~4組いて、他にもお宮参りなど色々な祈祷に訪れたら人達が一緒に祈祷してもらいました。祈祷室には横長の椅子が4列くらい並べられていて、祈祷の対象の人が最前列、家族などはその後ろに順番に並んで座ります。

なので上の子は他の家族と一緒に後ろの椅子へ。上の子と別に座るのは少し不安でしたが、安産祈願の間落ち着いていられたので安心しました。

ちいさい子やお宮参りに来た赤ちゃんの中には普段と違う雰囲気からか少し泣いてしまう子もいましたが、それで雰囲気が壊れるようなことはなく最後まで滞りなく祈祷が進んでいました。

神社側でもそういったことに慣れているのかなという感じでした。終わって祈祷室から出る際に、ちいさい子達全員にお菓子などが入ったプレゼントをもらえ、とても喜んでいました。

盛岡八幡宮の安産祈願は祝詞や玉ぐし奉納に加え、巫女さんと男の人の神楽がありました。八幡宮は結婚式や七五三など儀式の際には必ず巫女さんの舞がありとても見ごたえがあります。

今回の安産祈願では巫女さんだけでなく仮面をつけた男の人の舞があり、仮面のせいか上の子は少し怖がっていたようですが、こちらもなかなか見れないものなのでいい経験になったと思います。

様々な祈祷の人が一緒に祈祷してもらうのですが、順番に呼ばれて祈祷、祝詞にもひとりずつの名前や住所を入れていたので祈祷の時間はやや長かった印象でした。内容については巫女さんや神官さんが丁寧に説明してくれていたのでスムーズでした。

盛岡八幡宮の安産祈願情報

RECOMMEND

1

赤ちゃんがお腹にいると、より夏の暑さを感じやすくなるものです。そんな中で安産祈願に行くのは、想像以上に体力を使ってしまいます。 今回は、夏の安産祈願における服選びの注意点やポイントなどを、わかりやすく ...

2

安産祈願に行くとなると、女性にとって悩ましいのが服装の問題ですよね。 そんな中で、簡単に全身コーディネートできて、お腹を締め付けず、なおかつカワイイワンピースの存在は、妊婦さんお強い味方になってくれま ...

-体験談

Copyright© 戌の日に安産祈願!全国の神社情報館 , 2019 All Rights Reserved.